相続人の範囲と順位

相続@NAVI

相続@NAVI トップ > 相続人

相続人

相続において誰が相続人となるかは、最も重要な主題です。誰が相続人となるかについては、民法において被相続人と一定の身分関係にある者を相続人とし、その範囲と順位を定めています。(法定相続人)相続人になれるのは配偶者と以下の順位の人です。

配偶者

配偶者は、常に相続人となります。内縁関係の場合には相続人とはなりません。

配偶者以外の相続人

1.子(既に死亡している場合には、孫。孫も死亡している場合には、曾孫。)

実子のうち、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子を「嫡出子」、そうでない男女の間に生まれた子を「非嫡出子」といいますが、どちらも相続人となります。ただし、非嫡出子の父子関係の場合には、父からの認知や子からの認知請求が必要となります。一方、母子関係は分娩の事実によって当然に発生するため認知を要しません。
継親子関係のような場合は、血のつながりがなく実子とはいえないため相続人とはなれません。
被相続人の死亡時にはまだ生まれていない胎児は、相続に関しては既に生まれたものとみなされ、生まれた時点で相続人資格が与えられます。
養子は、養子縁組の日から養親の嫡出子の身分を取得します。そのため、養子は養親の第1順位の相続人になりますが、他方で、実親との関係においても実子であるという親子関係に変更はないので、実親の相続人にもなります。ただし、特別養子の場合には、養子は実親の相続人とはなれません。

2.親(既に死亡している場合には、祖父母)

親や祖父母が相続人となる場合とは、子供やその代襲相続人が存在しない場合や、相続欠格や廃除、相続放棄により相続権を有しない場合です。実親、養親の区別はなく、親等が同じとなる直系尊属が数人存在する場合は、共同相続人となります。

3.兄弟姉妹(既に死亡している場合には、甥姪。ここまで。)

兄弟姉妹が相続人となる場合とは1、2の相続人がいずれも存在しない場合、もしくは存在しても、それらの者が全て相続欠格、廃除となったり、相続放棄をした場合です。
兄弟姉妹の中には、父母の双方が同じである兄弟姉妹(全血)と父母の一方のみが同じである兄弟姉妹(半血)とがあります。法定相続分に関しては、半血兄弟姉妹の法定相続分は全血兄弟姉妹の1/2とされていますが、いずれも相続人たる資格を有します。

また、相続人が被相続人の死亡以前に死亡したり、相続権を失ったりしたとき、その子が相続人に代わって相続する代襲相続の制度や、相続人が、被相続人や他の相続人の生命や遺言行為に対して故意の侵害を行った場合その相続人資格を失わせる相続欠格の制度を設けたり、相続人に被相続人に対する虐待、侮辱があったり、非行などがある場合、被相続人の請求に基づいてその相続資格を剥奪する相続廃除の制度を設けています。

なお、行方不明の相続人がいる場合には、消息が分からなくなってから7年経過していれば、家庭裁判所から失踪宣告を受けて、既に死亡しているものとして扱われます。7年経過していなければ、7年経過後に申請をして失踪宣告を受けます。